スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<北方領土交渉>ロシアが「独創的アプローチ」具体案(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相とロシアのメドベージェフ大統領が11月にシンガポールで行った日露首脳会談で、ロシア側が北方領土問題の解決へ向けた「独創的アプローチ」の具体案を提示していたことが26日、分かった。日露両政府は内容を明らかにしていないが、歯舞、色丹2島の返還を前提に国後、択捉2島の共同開発などを進める内容とみられる。政府関係者によると、首相は「2島返還では理解できない」と述べ、日本側が受け入れ可能な案の再検討を求めたという。

 独創的アプローチは麻生政権時代の08年11月、メドベージェフ大統領が検討を表明し、日本側が具体案の提示を求めていた。「極東・東シベリアの発展は国家発展の最優先課題」と位置付ける大統領は、鳩山首相が所信表明演説で「アジア太平洋のパートナー」として対露関係の重視を打ち出したことを歓迎。日本側の政権交代を受けて具体案を示した形となり、外務省幹部は「ロシア側から動いてきた点は前向きなサインだ」と領土交渉の進展を期待する。

 ただ、首脳会談で大統領は「極端な立場を離れて」と四島返還を求めないようけん制。首相も「2島返還を超えた独創的アプローチを期待している」と歩み寄りを促し、主張は隔たったままだ。

 日本側は首脳、外相レベルの会談を継続し、経済協力をテコに受け入れ可能な案を引き出したい考え。岡田克也外相が27日から訪露し、ロシア側の出方を探る。【野口武則】

 ◇ことば 独創的アプローチ

 ロシアのメドベージェフ大統領が08年11月、ペルーで麻生太郎首相(当時)と会談した際、北方領土問題の解決策として言及し、事務方に検討を指示した。大統領は「既存の文書から引き出す」「新たな、型にはまらない」などと説明したが、麻生政権時代はその具体案を示さなかった。

【関連ニュース】
岡田外相:「北方領土問題で不信感」 27日から訪露
岡田外相:27日から訪露 北方領土問題など協議
ロシア大統領府長官:鳩山首相と会談…答弁書をけん制
ロシア大統領府長官:領土交渉継続の姿勢示す…東京で講演
ロシア:「不法占拠」見解で抗議集会 北方領土めぐり

t9db302eのブログ
x3q8aeu1の日記ブログ管理ツール
競馬情報
ライブチャット
クレジットカード現金化
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。