スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「貸付金」改めて主張=石川議員、再聴取に供述維持(時事通信)

 「陸山会」をめぐる事件で、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)が東京地検特捜部の再聴取に対し、「土地購入代は小沢氏の個人資産からの貸付金だった」とするこれまでの説明を、大筋で維持する供述をしたことが14日、関係者の話で分かった。
 関係者によると、石川議員への2度目の事情聴取は13日に行われた。
 石川議員は昨年末の最初の聴取で、4億円の不記載について、「記載ミスだった。衆院選出馬の準備などで忙しかった」と供述していた。再聴取でも故意の不記載は認めず、犯意を否定したとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<将棋>王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦(毎日新聞)
オウム井上被告の死刑確定(産経新聞)
川崎競馬の練習馬場で乳児の遺体発見(産経新聞)
<大麻所持容疑>「無職少年からもらった」逮捕の中学生供述(毎日新聞)
<阪神大震災>巨大モザイク画 防災の願い込め(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。