スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田勝家

凡例柴田勝家柴田勝家像(個人蔵)時代戦国時代-クレジットカード現金化桃山時代生誕大永2年(1522年?)死没天正11年4月24日(1583年6月14日)別名通称:権六郎、権六渾名:鬼柴田、かかれ柴田、瓶割り柴田戒名摧鬼院殿台岳還道大居士幡競馬情報寺殿籌山勝公大居士墓所福井県福井市柴田神社、西光寺滋賀県高島市幡岳寺官位従六位下・パチンコ攻略大進、従五位下・修理亮、贈従三位主君織田信秀→信勝→信長→秀信氏族柴田氏(斯波氏庶流?)父母父:海外のくらし勝義?兄弟姉(吉田次兵衛室)、姉(佐久間盛次室)、勝家、妹(柴田勝敏母)妻正室:お市の方(ショッピング枠現金化信長妹)子勝里、勝忠、養子:勝春、勝政、勝豊、勝敏、佐久間無料携帯ホームページ(後、佐々成政養子)養女(高城胤則室)[1] 表・話・編・歴 柴田勝家(しばたかついえ)は、戦国時代から安土桃山時代の武将・大名。目次1生涯1.1織田信秀時代1.2パチンコ攻略信勝時代1.3織田信長時代1.4最期2人物・逸話3家臣・与力4勝家が登場する作品4.1テレビドラマ4.2映画4.3漫画4.4ゲーム5関連項目6脚注[編集]生涯[編集]織田信秀時代大永2年(1522年)、『張州府誌』によると尾張国愛知郡競馬情報村(現:愛知県名古屋市名東区)で生まれる(異説あり)。生年には大永6年(1526年)説や大永7年(1527年)説もあり、明確ではない。出自は不明で柴田勝義の子といわれるが、確実な資料はない。おそらく土豪階層の家の出身であると思われる。若いころから尾張の織田オランダ語を学んで旅をしよう!の家臣として仕え、尾張愛知郡下社村を領したという。地位はわからないが信長継承の頃には織田家の重鎮であった。天文20年(1551年)に信秀が死去すると、子の織田信行(信勝)に家老として仕えた。[編集]クレジットカード現金化信勝時代天文21年(1552年)の尾張下四郡を支配する守護代で清洲城主の織田信友との戦いでは、中条家忠とともに敵方の家老坂井甚介を討ち取り、翌年には清洲城攻めで大将格で出陣し、30騎を討ち取る武功を立てた(萱津の戦い)。信勝を信秀の後継者にしようと林秀貞と共に画策し、信勝の兄・織田信長の排除を試みたが、弘治2年(1556年)8月に信長との戦いに敗れて剃髪し、信長に降伏した(稲生の戦い)。以後信長に心を寄せるようになり、弘治3年(1557年)に信勝が謀反の計画を企んだときには信長に事前に密告したとされており、信勝は自刃に追いやられている(また1558年とも)。信勝が津々木蔵人ら新参の家臣を重用したため、見限ったといわれる(また一度信長に助命されたにも関わらず、再度信長を廃しようとした信勝の器量の小ささに限界を感じたためともいわれる)。信勝の遺児の津田信澄は、信長の命令により勝家が養育することになった。[編集]織田信長時代信勝の死後、罪を許され、信長の家臣となった。しかし、信勝に与して信長に逆らったことが響いたのか信長の尾張統一戦や美濃斎藤氏攻めではもちいられなかった。上洛作戦になって再度重用され、畿内平定戦などでは常に織田軍の4人の先鋒の内として参加し(勝竜寺城の戦いなど)、信長の重臣として武功を挙げた。信長とともに岐阜に引き上げるが、永禄12年(1569年)1月、三好三人衆による本國寺の将軍・足利義昭襲撃(本圀寺の変)の際に信長と共に再度来京し、4月上旬まで京都・畿内行政に担当5人の内としてあたった。元亀元年(1570年)1月、信長は義昭に将軍権限を奪う条書を認めさせ、3月には朝廷より天下静謐権を与えられる。5月、六角義賢が琵琶湖南岸に再進出し、岐阜への道を絶ったため、南岸確保に城付きの4人の武将の内として長光寺城に配属され、下旬には戦闘となったが、佐久間信盛と共に撃退した。元亀2年(1571年)、最初の
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。