スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶湯一會集

『茶湯一会集』(ちゃのゆいちえしゅう)は、江戸時代末期の彦根藩主井伊直弼(茶号:宗観)の著による茶書である。茶道における「一期一会」の理念を広めており、茶の湯における主客の深い心構えを提唱している。概説23ヵ条にわたる本文の冒頭に「一期一会」の思想を、『本日の出会いは、再び同じ出会いではないと考え、主人は全てのことに、気を配り、客も亭主の趣向を何一つおろそかにせず、心に留めて、双方が誠意をもって交わるべきである』と主張している。激動の幕末にあって、静寂の極致のような茶室での心を、時の為政者である直弼が残していることは興味深く後世における本書の魅力となっている。[1]成立成立は、本文中の記述から安政5年と考えられ、桜田門外の変で非業の死を遂げる2年前と見られる。封建国家が変質を遂げる過程での出来事であった。原典原本は彦根市の井伊家に、草稿と清書本の二本が伝来している。出典^ 矢部誠一郎編 「茶湯一会集」『古典の辞典 精髄を読む・第十四巻(江戸)』 監修・暉峻康隆他、河出書房新社、1987年。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6%E6%B9%AF%E4%B8%80%E4%BC%9A%E9%9B%86」より作成カテゴリ: 江戸時代の書籍 | 1850年代の書籍 | 茶道 | 井伊直弼『茶湯一会集』(ちゃのゆいちえしゅう)は、江戸時代末期の彦根藩主井伊直弼(茶号:宗観)の著による茶書である。茶道における「一期一会」の理念を広めており、茶の湯における主客の深い心構えを提唱している。概説23ヵ条にわたる本文の冒頭に「一期一会」の思想を、『本日の出会いは、再び同じ出会いではないと考え、主人は全てのことに、気を配り、客も亭主の趣向を何一つおろそかにせず、心に留めて、双方が誠意をもって交わるべきである』と主張している。激動の幕末にあって、静寂の極致のような茶室での心を、時の為政者である直弼が残していることは興味深く後世における本書の魅力となっている。[1]成立成立は、本文中の記述から安政5年と考えられ、桜田門外の変で非業の死を遂げる2年前と見られる。封建国家が変質を遂げる過程での出来事であった。原典原本は彦根市の井伊家に、草稿と清書本の二本が伝来している。出典^ 矢部誠一郎編 「茶湯一会集」『古典の辞典 精髄を読む・第十四巻(江戸)』 監修・暉峻康隆他、河出書房新社、1987年。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6%E6%B9%AF%E4%B8%80%E4%BC%9A%E9%9B%86」より作成カテゴリ: 江戸時代の書籍 | 1850年代の書籍 | 茶道 | 井伊直弼

見なきゃ損なブログ
世界はめまぐるしく変化する
パチンコ攻略
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。